戻る

眼と身体脳 〜イチロー選手の眼〜

世界の頂点に立ったイチロー選手。活躍の秘密として、眼の良さが注目を集めています。私がビジョントレーナーとしてオリックス時代のイチロー選手に接した7年間から言えることは、間違いなく優れた眼の持ち主である、ということです。

しかし、「優れた眼」というのは、一般に知られている動体視力計や視力表を使った検査で、高い数値を示すということとイコールではありません。現に皆さんが知るところの一般的な視力検査では、イチロー選手の値は0.9を満たしていません。また、瞬間視や周辺視といった能力が突出しているわけでもありません。これらは全て ”観ること” のほんの一部分に過ぎません。

 
では何故ボールが見えて、あんなに多くのヒットが打てるのでしょうか? それは、部分の分析では説明できないもので、外から見えない内面からくる「見る力」 があるからです。分かりにくいかもしれませんが、イチロー選手のコメントから、そういったものを少しは感じ取ることが出来るのではないでしょうか。 

  打撃は、ボールを打つ瞬間に生じる狂いを調整するための
  体の使いかたがすべて。 そしてその誤差を修正する
  センサーを持つことこそが大事
 (イチロー選手のコメントより)

このコメントは、眼からの情報を取得して、それを身体の動きとして出力するまでの一連の流れの中、いわゆる「視力」とは違った次元の「観る世界」があることを示唆しています。彼の様々なコメントを見直してみると、日常生活全てが、違った次元から観るための ”センサーを磨くこと” につながっているのを感じることが出来るはずです。


このようなセンサーを作ることを 頭脳から身体脳へ の著者、宇城憲治氏は「身体脳の開発」と表現されています。大切なのは、部分にとらわるのではなく、身体脳につながる眼の使い方を目指すこと。それこそが、人の才能を開花させる最善の方法であり、一番の近道だと言えるのです。

戻る