戻る

近視は悪者ではない

 見ているものが近づくと、ピントを合わせるために眼の中の筋肉(毛様体筋)が調節運動をします望遠鏡が伸び縮みするような機能です。このときにかかるストレスが、近視になる原因の1つと言われています。

 近くを見るストレス (正視の場合)

遠方を見る時  筋肉が緩みリラックス
近くを見る時   筋肉が緊張してストレス

 調節運動がなされなければボヤケたまま

調節運動

水晶体が膨らみピントが合う筋肉の緊張

 

 水晶体の緊張は、近視の進行や眼精疲労につながります。遠方が良く見える眼ほど手元では緊張が高まります。一方、40cm前後から先がボヤケる近視の眼はこの距離を見る時調節運動(緊張)をしなくてもピントを合わすことができるのですつまり、近視の人は遠方視力の犠牲にしている代わりに手元では『緊張(調節運動)が少なく、ストレスのかかりにくい眼』なのです

 良い眼の基準は、外界の情報が楽に正確に早く脳に伝わることなので、近視の眼は近方作業においての良い眼、ということになります。ただここで間違えないでほしいのは、メガネやコンタクトレンズで遠方視力を矯正した眼の状態は、もう近視ではありません矯正した眼は、正視の人と同じように、手元の作業では調節運動の緊張が起こります

 30歳を越える頃から、調節運動をする筋力が、年齢による低下を徐々におこしはじめます。手元の文字がボヤケてくるほどになると、レンズを用いて矯正しますこのメガネが、俗に言う老眼鏡というものです。しかし見方を変えると老眼鏡をかけることは、人工的に近視の眼を作ることになりますこの必要が無い近視の人は、手元の作業では良い眼と言えます。もうひとつ言い変えると近視の人は眼の中に老眼鏡が出来たとも言えるのです

近視  メガネ・コンタクト  もう近視ではない

遠くが良く見える眼  老眼鏡 = 人工的近視

正視眼  近視  眼の中に老眼鏡が出来た

 では、近視のかたは一度、自分の眼に調節緊張が無く、楽に物が見える距離を調べてみましょうメガネやコンタクトを外し、片眼を手のひらで隠します。まず右眼だけで眼前10cmぐらいに置いた新聞などの文字を見ます。そこから徐々に文字を離していき一番ハッキリ見えて、そこから遠ざけるとボヤケるギリギリの距離を計ってみて下さい左眼も同じように調べてみましょう。この距離が、調節緊張の無い距離です

近視以外の眼は状況が違います。ボヤケずにハッキリ見えていたとしても、ストレスがかかっていることはよくあります

60cmほど先までがハッキリ見えて、その先からボヤケていく人の場合、40cmの手元を見る時は軽い緊張があることになります初めて近視のメガネを作る人達の多くが大体このくらいの見え方です。

 片眼では、それぞれの距離で楽に見えてるのに、両眼になったら見えにくく感じたり片眼の方が集中しやすく感じる人もいると思います。これは、寄り眼(輻輳運動)の力が不足していることが原因ですこの運動は、物を見るために重要な要素で視覚能力に大きなウェイトを占めています。輻輳力が無いため必要以上に近づかないと集中できない場合もあります。眼のストレスは片目での問題と、両目での問題(両眼視機能)があります

近視は手元を見る時は良い眼と書きましたが、以上のことから、近視の人でも輻輳力が無い場合は近くが楽に見えるとは限りません。ビジョンストレスを調節ストレスと輻輳ストレスの2つに分けて考えると、視力だけで良い眼を語ろうとは思わなくなることでしょう

近くを見る時の調節ストレス=近視<正視<遠視=近視は良い眼 
輻輳ストレス=近視・遠視・正視・乱視など良し悪しの判断はできない
 

戻る