トップへ戻る

近視回復手術 レーシックについて

近年、手術が手軽になったこともあり、視力の回復手術を受ける人が増えてきました。それにともない、手術後に眼の疲労や肩首のコリ、頭痛などの苦痛を訴える人も増えています。再び視力低下を起こす人も少なくありません。せっかく自分の眼で遠くが見える喜びを手に入れても、眼や体に新たな不調を抱えて生活するのでは、その喜びも半減してしまいます。

視覚情報センターでは元々、視力が良い状態でも、眼や身体の不調や能力の低下、そしてより能力を高めたい人たちの検査やアドバイス、メガネを作成していますが、レーシック手術が増えてからは、苦痛を訴える人が一層多くなっています。身体の症状だけではなく、精神的に不安定になる方も少なくありません。

手術を後悔していてもはじまりませんし、眼を楽にする方法はありますので、検査後には、この先に健康に生活するため提案をさせていただきます。
  レーシックでの不調の例

  ・頭痛 肩こり 首、背中の痛み
  (筋肉の痛み)
  ・耳鳴り ・不定愁訴 
  ・疲れ(特にデスクワークでは顕著)
  ・視力低下 ・視力不安定  

  ・精神不安定

     


手術にしてもメガネやコンタクトにしても、遠くの視力を重視した対処ですから、
肩コリや疲れなどの不調、視力低下の繰り返しは起こって当然です。
人間の眼(みる)は、視力だけではなく心や身体が関係してきます。
ご自身の眼の状態を知り、近視や乱視とはどのような状態か、なぜ近視になったのか、
近視は本当に悪い眼か、視力を優先することの副作用はないのか、などをよく検討した
うえで視力矯正を選択していただきたいと思います。

一般的なメガネやコンタクト(視力矯正)や、レーシック手術は、遠くのものが見えにくい、つまり、遠方裸眼視力が低下したという現象の改善を目指すだけで、原因を解決するわけではありません。視力を戻しただけでは同じことを繰り返すのではないでしょうか。
視点を変えてみてください。誰にでも良い視力の時期があったはずです。そして、視力が良いことに何か不都合があったから視力が落ちた、とも言えます。




レーシックに限らず、メガネやコンタクトも同じです。ただ、メガネやコンタクトの場合、不調を感じたときには、外したり使用を中止したりすれば一時的に逃れることが出来ます。しかし手術の場合はどうしようもありません。不調を抱え続け体に緊張を溜め込んでいきます。そのうえ眼球が都合の良いように変化すると、再び視力低下を起こしていきます。


子供の頃は成長期で眼球の変形も起こりやすいため、手術をしても進む確率が高くなります。
大人になると眼球の弾力性も減り変形しにくくなるため、近視や乱視が進みにくくなります。
そのため、レーシックは18歳以上としている病院が多いようです。ただ、大人の場合、眼球の
変形は起こりにくいのですが、眼を締め付ける圧迫は同じですから、硬いものを締め付けた
ときに起こる問題点があります。

自分の眼で見えた喜びと引き換えに見落としがちな身体のストレス

レーシックでは、手術後の視力低下を少なくするために、過矯正で合わせていることがほとんどです。 

そのため遠方を見ているときでも筋肉の緊張は高く、近くを見るときには、さらに過剰な緊張を強いられます。人によっては、最初のうちに訴えていた不調も、そのうち麻痺し感じなくなっていきます。体からは「緊張の限界」という信号が出ているのですが、無視して頑張ってしまいます。年齢を重ねると、眼の組織がもろくなっているため、眼の中の圧力が高まると、弱いところが打撃を受けます。




※過矯正
網膜の後方に焦点が結ばれる状態
(遠視の状態)

術後の対処
このような症状が起こっている人、そして症状が出ていない人にも、眼と身体の健康を守る
術後のケアのひとつとして、予防医学にもつながるメガネ(プロテクトメガネ)をお勧めしています。

プロテクトメガネ
ピント合わせの筋肉と、両眼を目標に向ける筋肉、2種類の筋肉の緊張を軽減する仕組みの入ったメガネ。

老眼になって使うのではなく、子供さんから40代以下の社会人、プロスポーツ選手なども使用し、好評を得ています。


ドライアイ

レーシックだけではなく、近年はドライアイでコンタクトが使えなかったり、眼の不快感を訴えたりする人も増加しています。ドライアイの原因は、涙が出にくく乾きやすいためと言われています。しかし、涙が出にくいのは現象であって原因ではありません。また、まばたきを増やしたり目薬をさしたりするのも、対処法のひとつではありますが、根本の解決ではありません。特に、まばたきに関しては、したくても出来ない理由があります。多くの人は、まばたきをするたびに集中力が途切れます。左右ふたつの眼を、ひとつの目標に向けることで集中が保たれるのですが、まばたきの瞬間、両眼の向きが乱れ、また集中をし直さなくてはいけなくなります。そのため、まばたきをせずに見つめ続けることになります。



それを体感してもらうために、次のことを試してみてください。
その場で、パソコンの画面や本を見ながら、眼の表面が涙で潤うような瞬きをします。
まばたきの瞬間、直後にピントのボヤケを感じませんか?
感じる場合は集中力が途切れていることになります。
これは両眼の視線の向きやピント合わせがずれるために起こる現象です。
特にコンタクトのハードレンズでは、その現象が強く出ます。

両眼線の向きの問題
→まばたきによる集中力の途切れ
→まばたきが減る
→涙の出が悪い
→眼が乾く ドライアイ



IT化された今の時代、人類が培ってきた眼の使い方からは大きく変化しています。
人類の歴史からみると、手元の小さな文字を何時間も見続ける眼の使い方は、
つい最近始まったことです。近くを長時間見続けるようには出来上がっていない眼に、
現代の作業をさせるものですから、今まで通りにいかないことは当たり前です。
視力低下もそのひとつと言えます。

見ることは脳と強い結びつきがありますが、しているからこそ、はっきりくっきり
見えることを優先しがちです。
つまり、視力優先の見方頭脳が勝ち過ぎた見方身体を忘れた見方です。
それが過剰になることで、心身の病気を起こしている例も少なくありません。
しかし、眼に関する情報は、視力回復や老眼、眼病をほとんどです。
眼の病気も、起こった現象の説明であり現象への後追い対応になります。
もちろんそれは大切なことで、その場で対応しなくてはならないことだと思います。

起こった現象の対応を含め、視覚情報センターでは、原因(なぜそれが起こったか)
起こらないための方法はないだろうか、今の眼の使い方を続けることで何が起こるか、
といった予防医学の観点からの対応方法に重点を置いています。