戻る


パソコン用メガネについて


視力は良いのですが、パソコンの仕事をするようになって、肩こりや眼精疲労がありとても疲れます。そのうえ視力も落ちてきたように感じます。パソコン用のメガネがあると聞いたのですが、どういったものですか?
パソコンによる疲れの要因は幾つかあります。大きく分けると、パソコン側から出てくるものの問題、人間側の眼の機能にある問題ですが、最も大きな要素は眼の機能のほうです。視覚情報センターで作るメガネは、人間側にある視覚機能の負担を補うものです。画面から出てくる光(ブルーライトなど)を防御することが主体ではありません。

遠くの視力が良い人ほど、近くを見るストレスは強くなる傾向があります。パソコン用メガネは、近くを見るときの眼の筋肉の緊張を少なくしたメガネで、子供さんからOLさんまで年齢問わず使って頂き好評を得ています。視力が良いときから近くを楽に見ることは大切なことで、このメガネは視力低下や疲労を防ぐのに役立ちます。

もちろん、ピント合わせだけではなく、二つの眼の関係を調節し個々の眼に合わせたものになりますので、作成には検査が必要です。
コンタクトレンズをしているのですが、その上からパソコン用としてメガネを使うことも可能ですか?
視力の良い人のパソコン用メガネと同じです。コンタクトレンズで矯正したら、もう近視ではなく、良い眼になったのと同じことになります。
近視や乱視なんですが、裸眼でのデスクワーク用もありますか?
はい。これも上記と同じで、近くを楽に見るためのものになります。
そうするとメガネを何本も持たなくてはいけなくなりますが・・・?
人間は、遠くを見るときと近くを見るときで、眼の使い方が違ってきます。
理想はそれぞれの仕事の内容に応じたメガネの使い分けです。

視力が落ちたという現象を解決するのは、メガネやコンタクトで度数を入れれば簡単です。(網膜に至るまでの透光体に問題がなければ)
 しかし、なぜ視力が低下したか、なぜ疲れるのか、原因を解決したとは言えません。その人の眼が、どういうストレスを受けているのか、筋力や見る意識はどうか、などが分かると、メガネの使い分けの必要性もご理解頂けると思います。
視覚情報センターで作ったデスクワーク用メガネを使っていたら、視力が回復したという人がいます。本当ですか?
実際、そういう例は沢山あります。しかし、視力回復が目的ではありませんので、あくまでもオマケと考えてください。目的は、やりたいことの効率を上げて成果を出すことだと思います。楽に集中して脳に情報を伝えるメガネととらえてお使いください。
これらのメガネの費用はいくらですか?またフレームについては?
これも通常のメガネと同じで、度数と厚みによって違いますが、おおよそはレンズが3万4千円〜。フレームもお好きなものをお使い頂きますが、デスクワーク用でかけ外しが多くなりますので、ある程度丈夫なものをお勧めします。
検査や相談をするのに予約が必要ですか?
お一人の検査に2時間ほどいただいていますので、お手数ですが予約をお願いします。