戻る

ビジョントレーニングについて

Q&Aの スポーツビジョン
ビジョントレーニングについてのページも
参照をお願い致します。


ビジョントレーニング・スポーツビジョントレーニングって何ですか?
 視力回復のトレーニングのことですか?
ビジョントレーニングは、生活の中の問題点を、眼からのアプローチで改善していこうというものです。中でもスポーツに特化して眼の能力を高めようというのがスポーツビジョントレーニングです。ですので、視力回復トレーニングのことではありません。ただ、眼の動きや物の見方に悪い癖がついている人が それらを改善することで、たまたま視力が上がることもあります。しかしビジョントレーニングの目的は視力回復ではありません。

ビジョントレーニング、スポーツビジョンは1980年代にアメリカで始まり、眼の光学的な改善(調節機能、両眼視機能・眼球運動性など)が主となっています。視覚情報センターで行っていることについては、ホームページ内や以下を読み進めてみてください。

いきなり行ってトレーニングできますか?
できません。まずは検査が必要ですので、検査のご予約をお願いします。
スポーツをしていなくても、相談やトレーニングを受けることができますか?また効果はありますか?
スポーツに限らず、学習や仕事で集中力や持続力を高めたい人、趣味の運動で上達アップを目指す人など、目的があれば誰でも受けることができます。効果については、抱えている課題と眼の関連性がどの程度あるかによりますが、多かれ少なかれ効果はあります。

眼の動きや、基礎的な構造の改善(メガネの使用)だけではなく、心や身体と影響し合っています。たとえば整体や鍼灸、メンタル的な方面も必要があればアプローチしてもらえると、眼と合わせてより良い効果が期待できます。

トレーニングに毎週通うのですか?
週何回というペースで通ってもらうことはほとんどありません。
通える距離の方で、短期間で集中して改善したほうが良い場合は、1〜2ヶ月の間に数回通っていただくことはありますが、多くの場合は、家で簡単に出来るグッズでトレーニングしてもらったり、日常で眼の癖を取ることを心がけてもらったりして、数ヶ月後に再チェックに来て頂くという流れになっています。
グッズや機器を使って時々トレーニングするより、日常の生活の中に組み込んで改善するほうが身に付きます。。

子供さんの場合は、まず親御さんが子供さんの眼を理解することが必要です。親御さんの「子供さんを観る眼」が高まることを願って、初回の検査ではまずここを重点的にさせてもらいます。そうすることで、トレーニングの質や改善の効果が大きくなります。

モグラたたきのようなもので反射を鍛えたり、パソコンのソフトでトレーニング するものがあると聞いたことがありますが、そういったものでトレーニングするのですか?また、その機器の販売していますか ?
 検査や再チェックのときには使用しますが、日常のトレーニングで使うことはあまりありません。なぜなら、数値を上げることが目的のトレーニングになってしまうことが多いからです。心技体と眼、全体を見たうえで、部分のトレーニングに臨むなら良いのですが、機器を使うとつい数値にとらわれてしまいがちです。 本来は、実際の生活の中で何かをするための眼からのアプローチです。「使える眼」になるためには、身体や心と連動した眼の変化を、身体感覚を通じて身に付けてもらうことを目指しています。

機材の販売はしています。ただし、視覚行動システムを理解した眼鏡店や眼の健康を考える施設のみとなります。眼鏡店であれば勉強会にご参加ください。

個人でできる簡易的なトレーニンググッズやチーム用の基本セットの販売もしています。次の項目をご参照ください。
視覚情報センターが推奨するトレーニングソフトはありますか?
誰にでも基礎的な能力として身に付けてもらいたい、ビジョントレーニンググッズをセットでご用意しています。野球チームなど、各運動部や団体に、またスポーツに限らず、教育の現場などでもお使い頂ける内容にしました。もちろん個人でもお使い頂けます。

チームでのご使用は、指導者の方の理解があると、より高い結果を生みますので、ぜひ一度ご来店ください。その上でご使用頂ければ幸いです。


ビジョントレーニングセット 
 現在訂正中 近日更新予定