戻る


老眼は人間らしい眼

 誰もが、いつまでも若い体力を持ち続けたいと願うものですが、残念ながら30歳台から起こる筋力の低下は避けることができません。物を見ることも、眼の筋肉を使っているため、同じことが言えます。特に遠くが良く見える人 (メガネやコンタクトレンズで矯正した状態の人) が近くを見ることには、筋肉の緊張が強く要求されます。筋力が老化してくると、手元が見えにくくなって当然なのです。

 人類の数百万年の歴史から見ると、パソコンや新聞、書類など、手元の小さな文字を見続ける生活は、たかだか数百年です。

  基本的に人間の眼は近くの小さなものを
    長時間見るようには作られていない
のです。

 水や食物については、人に優しい環境問題や自然食を訴えている時代です。しかし、視覚の環境も、文明の変化によって強いストレスを強いられている状況だということを、忘れてはいけません。

 老眼になっていくことは、最も自然な状態と言えます。それなのに、目薬を指したり栄養剤を飲んだり、幾つになっても手元が見えることが若さの証明の如く、眉間にシワを寄せて視覚ストレスに立ち向かうのは、近視や乱視の発生を招くだけでなく、身体の健康を損なう基となります。

 新しい文明のストレスから眼を守るためには、文明の利器である老眼鏡を使うことが、良いでしょう。勿論、この場合のメガネも、ただ良く見えるだけでなく、悪影響になるストレスを無くしたものでなくてはいけません。筋力の緊張度合いを測定し、楽に脳へ伝えるものを選ぶことです。

 老眼鏡、という名前は楽しくありませんが、少し考えてみて下さい。外界の情報を入力したいという『好奇心や知識欲が、脳の中を若くすると考えれば、老眼鏡は決して「老い」ではなく、
若さを手に入れる道具』として楽しめるのではないでしょうか。

戻る