戻る

良い眼とは? 

形や色、動き、時間変動、自分との距離・方向など、外界の情報を
正確に早く楽に」脳へ伝え、的確に身体の反応に結びつけることができる視覚能力を持った眼のことを言いますそのため、生活環境や職業によっても良い目の基準は変わってきます

学習に集中しやすい眼
パソコン作業に適した眼
ドライバーに適した眼
スポーツで能力を発揮しやすい眼   

など、何をするかによって
良い眼の使い方や視覚の特性は違ってきます。


視力と「みる」の違い

視力とは『見える』ことであって、ただ眼に写っているだけです。
つまり、どれだけ遠くの小さな物が鮮明に見えるか、ということなのです。

「みる」には観る・視る・看る・診るがあります。
視力も視覚能力の一部として重要なことではありますが

視力が良い(見える)ことだけで眼の良し悪しを決めることは

自動車に例えるならウィンドガラスの見通しが良いだけで
車の性能を語るようなものです
動体視力も同じで、部分の話です。

ウィンドガラスの向こうに見えるものが
「何であり」「どこにあり」「どう反応すれば良いか」といった、

分析→判断→行動までを含めた「みる」
があることで
「使える眼」になります。