視覚情報センター開発機器 2014年開発開始 
SinGan2
 シンガン ツー
 2014年5月 発売開始



旧型機
からバージョンアップ


外付けノートPCタッチパネルで操作が簡単に 
結果が見やすくより詳細に!

          本体正面の画面に結果表示

画面による視覚機能検査が可能に!
  ボタンタッチの他、画面による視力検査、
  立体視を含む両眼視機能検査、瞬間視検査など。


【価格】 オープン

身体を使って楽しみながら視覚機能検査を行うことができます。ゲーム的な要素だけではなく、眼の特性を知ることや、気付きを与えることができます。
眼と心と身体を伴った「見る力」の向上を
サポートします。

スポーツ・学習・仕事・
リハビリ
などの分野に。

スポーツにおいては 1/100秒レベルで競い合うことも多く、パフォーマンスの発揮には眼と身体が協調した速い反応が不可欠です。また、子供の学習や、車の運転(プロドライバー)、日常生活における安全面においても、視覚の能力は重要な要素となります。 

*反射反応 
*判断力を伴う能動反応と抑制反応 
*瞬発力  *位置認識 *周辺認識  
*身体と眼球運動の一致 
*方向動作のスピードアップ


画面検査モード
 基礎能力を知り根本原因を探る
 
眼の使い方見方のスキルアップ

ボタン検査モード
 トータルでケア
 
実践で使える眼”を目指す

 操作画面イメージ

トップ画面



ボタン検査モード 
 


操作画面(一部)
検査結果画面 (例)



眼球運動の動画撮影画面

ボタン検査の眼球運動を行いながら
眼の動きを撮影することが可能です。
映像を見ることにより、被験者が
自身の眼を自覚しやすくなります。
また、検査員のアドバイスも的確になります。



画面検査モード (例:立体視)




SinGanQ シンガン キュー
 2014年6月 発売開始

ShinGan2の簡易モデル 卓上型
       縦置き
外付けノートPCタッチパネルによる操作および結果表示
 (ShinGan2と同じ)
検査モードはボタン検査モードのみ
  ※ 画面検査モードは付属していません

縦置き、横置き、どちらでも設置可能。

【価格】 オープン
持ち運びに便利


小さなお子様やリハビリに
横置き


お問い合わせ先  視覚情報センター 06-6338-8093




旧型

視覚情報センター 開発機器 1995年開発開始
Awareness Promoter SINGAN
  新技術開発財団 助成対象器機   特許第3734112

身体を使って楽しみながら視覚機能検査を行うことができます。
スポーツにおいては 1100秒レベルで競い合うことも多く、
眼と身体が協調し
た速い反応は高いパフォーマンスにつながります。

また、子供の学習や、車の運転、日常生活における事故などにとっても、
視覚機能
は重要な要素となります。 SINGANは、人間の行動を左右する
視覚機能(両眼視機能)や反応向上をサポートします。         

眼に映ってからの反射的反応をいくら高めても「眼に映る前に察知する力」にはかないません。器具を使ったトレーニングは、眼に映ってからの反応を高めるものがほとんどで、SINGANもそのひとつです。
ただ、眼-心-体-統合法を学んだビジョンアドバイザーが指導することによって、SINGANを使いながら
、眼に映る前に察知するということはどういうことかを感じながら検査を受けることができます。

主なテスト---ワンタッチ操作で設定可能な内容
 ・眼球運動ストレッチ
 ・反射反応 周辺反応
 ・判断反応
 ・両眼視機能検査 (赤緑レンズ使用)
 ・瞬間視 追跡視

その他、組み合わせによって独自のプログラミング可能。


定価  ¥- 昇降取りつけ台込 ※現在 販売終了しています 
マイクロコンピューター搭載で99ステップ99パターン
表示器内臓スイッチ(7列×5行=35個)
サイズ:1100×800×90(mm)