戻る

外の眼・内の眼

眼と心
漠然と新聞を読んでいても、気にかけている言語は眼に飛び込んでくる
という経験は誰にでもあると思います。また、ふと他のことを考えて
目の前の現象から集中力が途切れた経験もあるでしょう。

これらは、見ることと心が大きく関わっていることを教えてくれます。 人によっては、眼に写る現象と心が直結しやすいタイプや 眼の前の現象から心が離れやすいタイプなど、様々な見方の癖があります。
スポーツをするには、前者が有利ですし、 芸術家のように想像力を必要とするなら後者が向いているでしょう。また、時と場合に応じて両者を使い分けるアイテクニックを身につけることも必要です。

眼と心のつながりには個人差があるため、視覚能力の測定では、見る意識を無視するわけにはいきません。心とのつながりを知ることで、必要に応じた「良い眼」に改善することができるのです。

光学機能(視力など)と運動機能(眼球運動など)のことを「外の眼」とし、中央情報処理機能(心・見る意識など)を「内の眼」とし
分けて考えてみると、分析や改善の効率が高まります。



スポーツにおいて、心・技・体の充実は欠かせません。
しかしこれらが素晴らしい能力を持っていたとしても、眼から外界の情報入力がなければ、実力を発揮することは出来ません。そのため、眼(視覚)の能力を高めることは、パフォーマンス向上の大きな要素になります。
外の眼
情報入力に用いる目の器官や機能。
入力するためのハード部分。
内の眼
眼を通し、脳に入力された情報の位置や距離などの空間配置の識別や、対象物の意味、次に見るための意識を思い浮べる脳内処理。 入力されたものを処理するソフト部分。
 外の眼と内の眼がオートマチックな接続状態でなければ、身体は見えたものに対し正確に早く反応しません。 内の眼と外の眼が一致しないと、気持ちと行動が空回りする結果となります。 

内の眼は、経験や学習によって引出しを増やし、見えないものを観るための眼を作ることで充実します。そして外の眼との一致感を身につけることで、心・技・体も大きく活かされます。 

戻る