質の高い視覚能力をもたらしてくれるもの
そのひとつがメガネです。
近視や老眼による見えにくさを見やすくするためや、
視力表を基準としたマイナス面としてのメガネではなく、
眼と身体をストレスや疲労から守るため、
能力を高めるためにメガネがあると考えます。

近年、眼やメガネに関することで
「脳や健康に良いメガネ」
「パソコンメガネ(ブルーカット)」
「スポーツビジョン・動体視力」など
特別なものとしてうたうものが多いように思います。
それらは「みる」ことをどこまで追求して行うかによって
質が大きく異なるのですが、小さな部分に入ってしまい、
言葉だけが一人歩きしている気がしてなりません。

 視覚情報センター代表の田村は、
1970年代から屈折検査(視力矯正)に携わり、
はっきり見えるようにしてもしっくりこない、
見えるけれど見えない、疲れる、などといった訴えを受け、
何とか解決できないか、心や身体の不調を眼から解いていく
ことはできないだろうか、という思いで日々の検査を行って
きました。そして現在は、眼と心と体を統合した考えの
メガネ作りに至っています。