ガネの未来と可能性
眼鏡店、屈折業界従事者、眼鏡学校学生向けの
講習会を定期的に行っています。

2006年から視覚情報センターにて月1回ペースで定期開催。
2014年からは(株)HOYA大阪営業所や㈱ニデック東京事務所
にて3~6回コースで開催しました。

講習会では、視機能検査の技術向上をはじめ、
眼鏡店として何を目的にメガネを作るのかを
掘り下げていきます。

基本検査は両眼視機能検査
(アメリカ式21項目検査/ポラテスト)
が土台となります。
しかし、視力矯正や両眼視機能のズレを
そろえる技術論の講習ではありません。

心や身体が楽になる健康につながるメガネや
能力を向上させるメガネを提供するには
どうしたらいいか、また、スポーツをはじめ、
学習や仕事、日常生活で課題を持つ方々に、
目の使い方・見方からアプローチし
適切なアドバイスをするには何に取り組めばいいか、
といったことを学ぶ気持ちでご参加ください。

田村式検査は、数回通ったから身に付くというものでは
ありませんが、まずは実際に見学していただくことで、
既存の眼鏡店にはない新しい考え方や将来性を感じて
もらえるのではないかと思います。
その一歩目として、数回コースの講習会をお勧めしています。

 参加者の感想2015~

 開催の記録
・2018年7月~9月 大阪
 視覚情報センターにて初級3回コース 20名2017年9月~11月 東京2017年4月 東京2016年2014~2015年
・2013年2012年2011年2010年2006年~2009年

2009年からは被験者のモニターを応募し、
普段と同じ検査を行うという実践も数多く行いました。