視覚情報センターでは、1980年代からスポーツビジョンの
研究をはじめました。日本の先駆者的存在です。
初期の頃は、アメリカから入ってきたスポーツビジョンや
器具を使用しながら試行錯誤してきました。
現在は、心と身体をつなげた眼(眼-心-体-統合)を
提供することに力を注いでいます。

現在は眼とスポーツの重要性も一般的になり、動体視力や、
眼と手の協調反応、立体視、周辺視などと言った言葉も
当たり前のように使われるようになっています。

筋力が弱いから強くしよう、反応を高めよう、右脳を鍛えよう、
そうしたトレーニングが多く存在しています。しかしそれらの
能力は、ほんの一部分であって、本来人間が持つ眼の能力を
測れるわけではありません。

例えば「早さ」については、眼に映ってからの反応を
いくら高めても、眼に映る前に察知する能力にはかないません。
スポーツビジョンや動体視力という言葉が特別で新しいものに
聞こえがちですが、視覚情報センターでは特別なものとして
捉えていません。日本に昔からある躾や習わしの中に、
人間力を高めるものとして存在していると考えます。

こうしたことから、検査やアドバイス、トレーニングを行う際、
日本に古くからある眼や身体の磨き方、日常にある鍛錬を重視し、
生きる力になる眼、健康につながる眼かどうかが基準になります。