眼は勝手に動くわけではありません。
「あれは何?見たい。見たくない」といった
心(見る気)の有り方と身体を伴います。  

 

人間の行動は

 視覚を主体に五感で入力
 意識や心で受け止め身体で出力
 外界の環境変化を再び視覚で入力

これらの循環で成り立っています。

視覚情報センターでは、眼を部分的な器官としてではなく、
心と身体までを含めた一体のものとして考え、心身の健康を
眼からサポートします。

視力やメガネに問題を抱える方はもちろん、野球、テニス、
サッカーなどのトップアスリート、学習の集中や運動が苦手な
子供、デスクワークをはじめビジネスに役立てたい社会人、
健康や安全を維持したい方など、年齢や生活スタイルを問わず
全ての人に、眼の使い方、見方をアドバイスし、質の高い
視覚能力の提供を目指します。

メガネ作りやアドバイスを行うための検査には、
両眼視機能検査(アメリカ式・ドイツ式)を土台とした
独自の検眼方法(眼・心・体・統合法)を用います。
メガネには両眼視機能をコントロールするプリズム度数を
全ての方に設定し、視力表の数値ではなく仕事内容に適した
現場視力を優先した合わせ方をします。

予約制にさせていただいていますので
まずは電話にてご連絡ください。