メガネと眼の使い方・見方で 健康と能力をサポートする

セミナー後のご質問に対する回答

2021年12月 高校野球向けオンラインセミナー
(講師) 視覚情報センター 田村 知則

ご聴講いただいた皆様、ありがとうござい
ました。セミナー後、感想とともに幾つか
質問が寄せられました。他の方にも参考に
なる内容がありましたので、回答とともに
掲載させていただきます。

Q1:スマホを使う時、スマホと目の距離は
どのくらいにすればいいでしょうか? 

A1:見え方や姿勢に無理がない範囲で、
出来る限り離れた距離で見てください。
セミナー中お伝えした、見るための
2種類の筋肉は、距離が近くなればなる
ほど緊張が高まり、眼や身体の疲労、
近視進行などに影響します。
手元の距離(10cm~50cm)はすべて
緊張が高まりますが、少しでも離れた
ほうが良いでしょう。
そして、スマホを持つ位置ですが、
顔と正対せずにやや低い位置に持ち、
眼球を下に向けて見ることもおすすめ
します。手元を見るときは眼球を下に向け
遠くを見るときは真っすぐ目線を移動する
ことで、姿勢にも良い影響があります。

Q2:メガネとコンタクトでは
どちらが目が疲れませんか?

A2:疲れの種類や、視力矯正の度数設定
次第で一概にどちらとは言えません。
遠くがクリアに見えるように矯正している
ものは、どちらも近見時の筋肉疲労が強く
なります。近視の人の多くが、手元を見る
ときは視力矯正をしない(裸眼の)ほうが
ピント合わせのストレスが減ります。
近視の度数にもよりますが、裸眼で手元の
距離に合う眼なら、近くを見るとき気軽に
外せるため、メガネのほうが少し疲労が
減るかもしれません。
また、メガネには両眼の向きを整える
プリズム度数を仕組むことができます。
特に手元の距離を見るときのストレスを
軽減したメガネであれば疲労は少ないと
言えます。しかし、こうしたことを考慮
して作る眼鏡店がが少ないため、疲労感
としては同等の場合が多いでしょう。

コンタクトレンズは、メガネに抵抗が
ある人の精神面のストレスや、鼻の上の
重さ軽減、視野の広さ、といった種類の
良さがあり、そこから来る疲労感でしたら
メガネより疲れにくいと言えます。

どちらにも長所と欠点があります。
その矯正道具が
「何を目的に度数を合わせたものか」
が非常に重要となります。
 
ご自身の目が疲れやすいため、
ご質問をいただいたのでしょうか。
一般論としては、上記の通りですが、
ご自身が疲労を感じているのでしたら、
メガネ、コンタクトそれぞれで、
何をしたときなのか、目のどこが疲れるのか
といった状況や経緯、身体感覚をもう少し
深く探ってみてください。どちらが疲れ
にくいかの判断はその結果次第です。

Q3:目の中に虫みたいなのが浮いて
見える病気を持っています。
これって治す方法とかありますか?

A3:こちらは眼科ではないので病気に
対する回答はできません。 
一般的によくあるのは、眼球の中の
浮遊物が光線の具合によってチラチラ
見える飛蚊症(症状)と言われることが
多いようです。気になるようでしたら、
そして急に数が増えたり大きくなったり
した場合は眼科を受診してください。

Q4:目が茶色い人は将来的に目が悪くなると
聞いたのですが本当ですか?

A4:こちらの知る限りでは
そういった傾向はありません。

Q5:眼の筋肉の使い方に慣れ、可視範囲を
広げる為に使っていた透明の板に書いてある
数字の四角は何cm四方の長方形でしょうか。

A5:目標物間の距離 目安 
上下≒30cm/左右≒40cm /斜め≒50cm 
(注)全体のサイズは重要ではありません。 
様々なトレーニングが流行っています。 
グッズを使いマニュアル的なトレーニング
を行うのも悪くはありませんが、共通して
言えることは、何のために行うのか、
どのような仕組みで能力が高まるのかを
理解して行うことが大切です。
そうすることで、自ら工夫ができるように
なり、深い思考が身に付きます。
自己進化(成長)できる見方を磨く
という気持ちと、セミナーでお伝えした
「日常がトレーニング」ということを
念頭に置いて取り組んでください。

Q6:少し左に顔を倒していた方が
真っ直ぐ立っているより楽です。
でもそれはバランスが悪いと思うのですが、
気にした方がいいですか?

A6:左右の目線の高さのずれが出ている
かもしれません。セミナーで体験してもら
った高さのずれチェックはどうでしたか?
体の傾きから目線がずれる場合と
目線のずれから体が傾く場合、
どちらが起因となっているかで修正方法も
違ってきます。
野球や学習における課題プレースタイルと
照らし合わせることで、気にしたほうが
いいかどうかの判断がつきます。
眼と体、両面からアプローチできるトレー
ナーや整体師が身近にいれば相談してみて
ください。眼については大阪に来られる
機会があればご相談ください。
まずはバッティングやピッチングの構え、
フォームの問題、傾きによる結果(成績)、
学習の姿勢と集中力など、自分の状態を
観察してみてください。

Q7:眼が原因と成って、あんなに多くの症状が
出る事を初めて知りました。眼球を動かすには、
上直筋、下直筋、内直筋、外直筋、上斜筋そして
下斜筋の6つが働いている事が分かりました。
眼窩底骨折をする事に因って上記の6つが
強ばったりする事はありますか?
もし、あればそれは時間と共に解れますか?

A7:眼窩底骨折による外眼筋の強張りや
使い方の変化はよく起こります。目線のずれ
(上下・左右)が大きく起こることもあります。
当店でも何例か対応したことがありますが、
時間とともに元に戻る場合と戻らない場合が
あります。ずれの向きが安定しているなら、
両眼視機能を整えるメガネ(両眼の向きを
整えるプリズム度数)によって
能力を高めることができます。
Q8:視力がDで両目体操をして
Aに戻ることはあるんですか?

A8:両目体操とは、寄せ運動、眼球
運動、どの動きのことでしょうか?
寄せ運動
両眼の向きがあまりに外れている場合は
運動すると視力が上がる場合があります。
しかし、眼のタイプによっては低下する
こともあります。視力がDでしたら、
近くを見る力が強い可能性がありますので、
寄せ運動をし過ぎるのは要注意。
遠くへ向ける運動(寄せ運動と反対)
のほうが効果的かもしれません。
眼球運動
視力低下の原因が、眼の動きの固さから
来ているのであれば、ほぐれて視力が
出やすくなることがあります。
どちらにしても、視力低下の要素は他に
重要なものがあります。詳しく眼を調べ
ないと何とも言えないため、このような
回答になります。

2019年の視力調査では、高校生67%が
0.9以下、56%が0.6以下です。
視力は気になるところだと思いますが、
セミナーでお伝えしました眼の使い方、
見方をキーワードに、学習や野球で
「みる」力の向上を目指してください。

Q9:自分は乱視で、左目と右目の視力の差が
大きいです。他校の方も言ってらっしゃいまし
たが、ボールとの距離感覚がつかみづらいの
ですがどうすれば良いのでしょうか。

A9:視力差は最終的に起こった現象です。
もともと手元の近い距離で目標物に
両目をそろえて向けることが苦手だったと
推測されます。片目が主体で近くを見て
いると、そちらの眼だけが視力低下し、
近くを見ない目は視力が落ちにくく、
片目があまりに落ちてくると追従して
片方も落ちてくる、というパターンを
繰り返します。視力低下の目にメガネや
コンタクトで矯正すると、また近くを
見るとき使いやすい方の目を主で使い
差が大きくなります。
視力差が起こるこの目の使い方を変える
ことが、距離感(立体感、奥行き感)を
高めることにつながります。
そして乱視ということですが、セミナーで
お伝えしたように、乱視も最終的に起こった
現象です。視力差と同じ、そうなるような
眼の使い方をしていると考えてください。
乱視を起こすひとつに、角膜の形の偏りが
あります。眼の動かし方に偏りがあるとか、
寄せる力が強いといった眼の癖の問題です。

距離感をつかみやすくするには、
見方のスタイルを改善する必要があります。
こちらでよく提案することは、
見方を整える仕組みが入ったメガネの使用、
ブロックストリングというグッズを使い
両眼を協調させるトレーニングです。

現場で簡単に試してみることとしては
ボールを強く見過ぎない睨まないことです。

どうすればよいかは、個人の目を見ないと
何とも言えません。この回答の中に少しでも
ヒントになることがあれば幸いです。

以上

視覚情報センターHPへ